読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PR TIMESデザイナー&エンジニアブログ BREAK TIMES

PR TIMES Developer Blog(デザイナー&エンジニアによる開発者ブログ)

PR TIMES Developer Blog
デザイナー&エンジニアによる開発者ブログ

人感センサーと連携したアプリをつくりたい☆*:.。.1.検討編

アプリ iOS ガジェット

PR TIMES エンジニアのうさみです。今年1月に新オフィスに移転してから、もうすぐで3ヶ月・・・暖かい季節になってまいりました☆

f:id:breaktimes:20160125200724j:plain

移転の際に設置した弊社オリジナルの受付アプリも、それだけの間、お客様にご利用いただいているのですが、そろそろ機能改善も含めつつ新しい機能も盛り込んでバージョンアップをしたいなと考えています。

新機能として一番に取り入れたいことは、人感センサーを利用して受付アプリ側でアクションを起こすことです。具体的には、以下のようなことを実現したいです。

お客様がエントランスにいらっしゃったら人感センサーが感知して受付アプリが◯◯◯をする (◯◯◯の箇所は考案中)

人感センサーというと電子工作の知識を必要としそうですが、あいにく私は詳しくはありません。。そんな私でも実現できる方法がきっとあるはず!という思いで調べてみましたところ・・・ありました! 私の技術力の範囲では以下のどちらかの方法で実現ができそうです。

1. 超小型PC「Raspberry Pi」で人感センサーを自作する

<必要なもの>

・Raspberry Pi2 Model B ボード&ケースセット (Standard, Clear)
www.amazon.co.jp

・Raspberry Pi 赤外線モーションセンサー PIR Infrared Motion Sensor
www.amazon.co.jp

・ジャンパワイヤ(メス~メス) 10本セット
www.amazon.co.jp

<金額>

5,980円 + 1,400円 + 492円 = 7,872円

※以上は参考にさせていただいた記事内の一例です。調べていたところ、もっと安価に自作できそうでした。

2. SONYのスマートDIYキット「MESH」の人感タグを利用する

<参考>

meshprj.com
qiita.com

<必要なもの>

・MESH Motion(人感)タグ
www.amazon.co.jp

<金額>

6,980円


「Raspberry Pi」の方はPCですので、人感センサーだけではなく他の用途でも利用することができて自由度が高いと思いますが、プログラムを組んだりセンサーを取り付けたりと知識が必要とされます。

「MESH」の人感タグの方は、人感センサーとしての用途に特化しており、また専用のMESHアプリを利用してアクションを起こさせるため自由度は低いと思いますが、小学生でもMESHを使った仕組みを作れるとのことで簡単に利用できそうです。

 「たんじゅんなのにすごいことができる」(小学校5年男子)
 「かんたんにできたからびっくりした」(小学校3年女子)
 「工夫して自分の想いのままに工作できた」(小学校5年女子)


meshprj.com


エンジニア的には「Raspberry Pi」を使って人感センサーとしての用途だけでなく、他のことも実現してみたい!という気持ちもあるのですが、エントランスに設置して外観的にスマートなのはどちらであるかと考えると・・・「MESH」を利用して今回実現したいことをクリアできればいいかなと思います。

ちなみに・・・「MESH」には人感タグを含め以下のタグがありますので、いろんなタグを揃えて新しい仕組みをつくるのも楽しそうですね☆

  • LEDタグ : いろいろな色に光ります。
  • ボタンタグ : シンプルなボタンです。
  • 人感タグ : 人の動きを検知できます。
  • 動きタグ : 動きを検知することができます。
  • 明るさタグ : 明るさの変化を検知できます。
  • 温度・湿度タグ : 温湿度の変化を検知できます。
  • GPIOタグ : 電子工作の無線化や、できることを拡張します。

「MESH」でこんなことができるよ! というレシピも紹介されていて、見ているだけでも楽しいです ( ´ - ` )

recipe.meshprj.com


まだ、実物は手元になく実際どうなるかわかりませんが!
進捗がありましたら、2.導入編をお届けしたいと思います☆*:.。.