PR TIMESデザイナー&エンジニアブログ BREAK TIMES

PR TIMES Developer Blog(デザイナー&エンジニアによる開発者ブログ)

PR TIMES Developer Blog
デザイナー&エンジニアによる開発者ブログ

RubyKaigi 2019にDrinkupスポンサーとして参加してきました!

PR TIMESエンジニアの山田です。

4月18日(木)〜20日(土)にかけて福岡でRubyKaigi 2019が開催され、PR TIMESはDrinkupスポンサーとして協賛させて頂きました。
rubykaigi.org

エンジニア4人でブースを出展し、さらにちょうど中日となる4月19日(金)のカンファレンス終了後、PR TIMES主催でのパーティ(ドリンクアップ)を開催させて頂いています。

続きを読む

New Relic主催のFutureStack Tokyoに参加してきました!

こんにちは!

2018年4月にPR TIMESのサービス開発本部に新卒入社してもうすぐ一年になる、櫻井と申します!

業務では主にPR TIMESのサーバーサイドの開発・運用などを担当しています。

先日東京ミッドタウンで開催されたFutureStackTokyoに参加してきたので、特に印象に残ったセッションの感想などを書き記したいと思います。

futurestack19-lp.eventcloudmix.com

ちなみにPR TIMESでも既にNew Relicは導入済みで、エラーの早期発見やパフォーマンス改善などにとても役立っています!

f:id:breaktimes:20190315144443j:plain

続きを読む

PR TIMESに検索サジェスト(入力補完) その1

PR TIMESエンジニアの山田です。

PR TIMESの検索にサジェスト(入力補完)機能を導入しましたので、そのあたりのことをまとめてみたいと思います。
少しでもPR TIMES内で検索をしやすくしようと考えていて、その一環となります。
f:id:breaktimes:20180627091314p:plain

続きを読む

PR TIMESのサービスにAIを導入しました!

PR TIMESエンジニアの山田です。

去る3月12日、メディア会員向け管理画面に「AIリリース受信」を導入しました。
PR TIMES「AIリリース受信」

PR TIMESとして初のAI機能になります。
今回はどんな経緯で開発したのかご紹介します。

続きを読む

PR TIMESオフィス内GArDENでUX DAYS TOKYOワークショップ:UXガイドライン作成の心得を開催しました!

PR TIMESエンジニアの山田です。

12/8(金)PR TIMESオフィス内のイベントスペースGArDENでUX DAYS TOKYOのイベント「UXガイドライン作成の心得」が開催され、お手伝いさせて頂きました。

UXやサービス運営に興味がある方にはかなり勉強になるワークショップでしたので、少しご紹介いたします。
f:id:breaktimes:20171213210917j:plain


概要としてはこちらの書籍をもとに、著者の大本さんに解説して頂くワークショップでした。
・ノンデザイナーでもわかる UX+理論で作るWebデザイン
https://www.amazon.co.jp/dp/4839961077/

続きを読む

PR TIMESの経営合宿をおこないました!

PR TIMESエンジニアの山田です。

f:id:breaktimes:20171127202008j:plain
11月22(水)〜23(木)にかけてPR TIMESでは初の経営合宿を神奈川県三浦海岸で行いました!
事前に選抜された1チーム3名×6チームの18名が課題に対するプレゼンテーションをする形式です。

開発本部からもエンジニア・デザイナーが参加していますので、今回はその様子をまとめてみたいと思います。

続きを読む

Maker Faire Seoulに出展してきました!

PR TIMESエンジニアの山田です。

f:id:breaktimes:20171025105552j:plain

韓国で開催されたMaker Faire Seoulに弊社エンジニア吉・岡村・山田の3人で出展してきました。
https://makerfaire.co.kr/

Google HackFairから選抜されたハッカソンプロジェクトとしての参加です。
f:id:breaktimes:20171025104600j:plain

出展したプロジェクト内容は前回の記事をご覧ください。
breaktimes.hatenablog.com

続きを読む

Google HackFair 2017 最終参加チームに選ばれました

Google HackFairとは

グーグルの最新技術を使った様々なプロジェクトを展示するイベントです。
毎年、Google Developerチームから主催をしていて以下の技術を使ったプロジェクトのみ参加対象となります。

  • Android Things
  • TensorFlow/ Cloud Machine Learning
  • Tango/ Daydream

PR TIMESのサービス開発本部から山田、岡村、吉の3人のエンジニアが作ったプロジェクトが最終参加チームに選定され、10月21日〜10月22日に開催するMaker FaireイベントのGoogle特別ブースにプロジェクトを展示することになりました。

プロジェクトの内容について

TensorFlowとCloud Machine Learningを使った顔認証打刻システム

ハードウェア

raspberry pi 2台にカメラモジュールを付けてモーション感知ができるような仕組みにしました。物体感知したら写真をとり、サーバー側に送ります。
f:id:breaktimes:20170925165612j:plain

サーバーサイド

サーバーでは写真に人が写っているか判定を行います。

例1> 画像が荒くても認識ができます。
f:id:breaktimes:20170925170533p:plain

例2> 横顔、障害物があっても認識ができます。
f:id:breaktimes:20170925171059p:plain

例3> 複数人だってちゃんと認識可能です!
f:id:breaktimes:20170925172903j:plain


顔が認識が完了したら、誰かを判定してraspberry piにレスポンスし、挨拶までしてくれます。

개인 얼굴 인식 (個人顔認証実験)

改善点

Maker Faireまでは後1ヶ月弱残っていますので、マシンラーニング用のサーバーを構築し、Tensorflowで顔の学習をさせて精度を上げていきたいです。

感想

ハッカソンを通じて普段使わない技術を取得し、スキルアップができてエンジニアとしてすごく楽しかったです。機械学習のスキルをもっと磨いてPR TIMESのサービスに反映し、ユーザーがもっと使いやすい・使ってうれしいサービスに成長させて行きたいです。Google HackFairイベント出展後、またブログにて報告しますので、お楽しみにしてください。