読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PR TIMESデザイナー&エンジニアブログ BREAK TIMES

PR TIMES Developer Blog(デザイナー&エンジニアによる開発者ブログ)

PR TIMES Developer Blog
デザイナー&エンジニアによる開発者ブログ

RubyKaigi 2016にコーヒースポンサーで参加しました 〜PR TIMESスポンサードで最もギークなイベント〜

rubykaigi.org

9/8〜10に京都国際会館にて開催されたRubyコミュニティのカンファレンス Rubykaigi2016にPR TIMESはコーヒースポンサーとして参加させて頂きました。

■スポンサーしてきた

f:id:breaktimes:20160914172925j:plain
この通り、コーヒーの提供をさせて頂きました。GMOペパボさん提供の美味しいお菓子のお供やプレゼンの合間のリフレッシュに、多くの方に利用されたようで良かったです。

f:id:breaktimes:20160914173027j:plain
PR TIMESスポンサーブース、GMOペパボさんのおとなりでした。

f:id:breaktimes:20160914175430j:plain
ノベルティ、ステッカー配布コーナーです。前回エントリでも好評だったPR TIMES USBハブは今回も大好評でした。

■セッションも聞いてきた

せっかくのRubykaigiなので、スポンサー業の合間(と言いつつ、ブース対応を同僚にほぼ任せきって……) に可能なかぎりセッションを聴いてきました。

などのプレゼンではそれぞれ、型、rubyの並列処理、httpサーバの並列処理、rakeの解説とスライドの作りが非常にわかりやすく、詳しくないテーマでも本題を興味深く聴くことができました。

□Goodpatchさんによる基調講演Ruby3 Typingレポート

memo.goodpatch.co

□A proposal of new concurrency model for Ruby 3の公開スライドと予稿

A proposal of new concurrency model for Ruby 3
http://www.atdot.net/~ko1/diary/201609.html#d8

□Pwrake: Distributed Workflow Engine based on Rakeの公開スライド

speakerdeck.com



他にも京都国際会館のメインホールを、音響によっていろんな意味で聴講者を驚かせたIt's More Fun to Computeや黒魔術と通称されるRubyメタプログラミングの機能を駆使してAPI後方互換性を維持した圧倒的なユースケースを紹介したModern Black Mages Fighting in the Real Worldなど技術裏打ちされたインパクトのあるプレゼンも印象的でした。

■特に興味深かったセッション

個人的に一番興味深かったセッションはHTTPのリクエストによってボトルネックがどのように発生するのか、そしてその対策を理解することができたRecent Advances in HTTP and Controlling them using rubyが一番興味深かったです。

本プレゼンのスライドは終わった後も特に見返しました。

www.slideshare.net

■スポンサーブースから

PR TIMESはスポンサーとして参加しているイベントはスタートアップ系イベントやUX・デザインのイベントが多く、rubykaigiのようなコードの匂いがする(?)イベントのスポンサー参加は今まであまりになかったからか、一日目二日目はスポンサーブースや会場内でPR TIMESがどんな企業なのか質問されることが多かったです。

海外から参加されている方に英語で質問されることも少なくなく英語力を鍛えるまではいかなくとも英語で自社のビジネスやサービスについて説明できるようになっておきたいと思いました。

こういう風に訊かれることが多かったということは、それだけPR TIMESを新規に知って頂いたエンジニアの方が多かったということだと思っています。今後、技術的な面でもPR TIMESをアピールできるように、エンジニア一同頑張っていきたいです。

そして、PR TIMESはエンジニアを募集しています!

■イベントの宣伝

10/7 19時から弊社オフィスにて「Rubyを語ろう 」というテーマでBREAK TIMES NITE VOL.7を開催します。Rubyに関してまだまだ語り合いたい方、行きたかったけど参加できなかった方、みんなであつまってRubyや開発について語り合いましょう。

あわせてLT発表者も募集中です。LT内容はITに関わることであればRubyでなくても歓迎ですので、参加をお待ちしています!

breaktimes7.peatix.com