読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PR TIMESデザイナー&エンジニアブログ BREAK TIMES

PR TIMES Developer Blog(デザイナー&エンジニアによる開発者ブログ)

PR TIMES Developer Blog
デザイナー&エンジニアによる開発者ブログ

IFTTTを利用してAlexaからSlackにタスクを送る方法

amazon alexa echo slack ifttt

こんにちは。PR TIMESのエンジニアの吉です。

みなさんはAlexaについてご存知でしょうか。簡単に説明しますとAlexaはAmazon版siriです。siriはiphone,ipadから呼び出すことができますがAlexaはAmazon Echoから呼び出すことができます。

Amazon Echoはまだ日本では発売されていませんが、Amazon USAから購入できます。
http://www.amazon.com/Amazon-SK705DI-Echo/dp/B00X4WHP5E/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1456033135&sr=8-1&keywords=echo

AlexaではAmazon Prime Music/Spotify/pandoraなどから音楽を再生、Kindle Booksの読み上げAmazonから商品購入、タスク管理など様々なサービスを利用することができますが、日本では残念ながら使えるサービスが限られています。

でも安心してください!! IFTTTを使えば日本でも様々なサービスをAlexaに連携させることができます。
f:id:breaktimes:20160221161225p:plain


IFTTTにはAlexa関連レシピがたくさんありますので、日本でもAlexaを利用できます。一例として今回のブログではAlexaからslackにタスクを送る方法を紹介したいと思います。まず、IFTTTのユーザー登録をし、ログインしましょう。

ブラウザーヘッダーのユーザー名をクリックしてcreateを選択
f:id:breaktimes:20160221161526p:plain

thisをクリック
f:id:breaktimes:20160221161618p:plain

キーワード検索にalexaを入力し選択する
f:id:breaktimes:20160221161638p:plain

ConnectをクリックしAmazonアカウントを入力してAlexa認証を行う
f:id:breaktimes:20160221161658p:plain

Continew to the next stepをクリック
f:id:breaktimes:20160221161716p:plain

Choose a Trigger > Ask what's on your To Do Listを選択
f:id:breaktimes:20160221161738p:plain

Create Triggerをクリック
f:id:breaktimes:20160221161753p:plain

thatをクリック
f:id:breaktimes:20160221161808p:plain

Choose Action Channelのキーワード検索にslackを入力し選択する
f:id:breaktimes:20160221161823p:plain

ConnectをクリックしSlackの認証を行う
f:id:breaktimes:20160221161838p:plain

Continew to the next stepをクリック
f:id:breaktimes:20160221161857p:plain

Choose an Action > Post to channelを選択
f:id:breaktimes:20160221161910p:plain

タスクを表示したいSlackのチャンネルを選択しCreate Actionをクリック
f:id:breaktimes:20160221161923p:plain

Create Recipeをクリック
f:id:breaktimes:20160221161943p:plain

レシピ作成完了
f:id:breaktimes:20160221162013p:plain

わずか数分でAlexaとSlackの連携が完了しました。AlexaからタスクをSlackに通知してみましょう。

alexa put message on my to do list

いかがでしょうか。IFTTTという素晴らしいサービスを利用すればAlexaは日本でも十分活用できます。また、Alexaは自分でもプログラミングができます。エンジニアにとっては魅力的ですね。音声でサーバーを構築できるVoiceOps時代は来るかもしれませんよ!

次回はAlexa Skills Kitを利用してAlexaのプログラミング方法について紹介したいと思いますのでブログ読者登録よろしくお願いします!