PR TIMESデザイナー&エンジニアブログ BREAK TIMES

PR TIMES Developer Blog(デザイナー&エンジニアによる開発者ブログ)

PR TIMES Developer Blog
デザイナー&エンジニアによる開発者ブログ

AMPページのエラー対処 〜アクセスが減ってきたらチェックすることは?

PR TIMESフロント・エンジニアの山田です。
今回はAMPに関するネタの第3弾です。

以前の2記事でAMPをPR TIMESに導入してから改善するまでをお伝えしました。
breaktimes.hatenablog.com
breaktimes.hatenablog.com

今回は、その後の改修に関することを綴っていきます。

AMPページへのアクセス減少

AMPの構造化データが最適になるように改善すると、検索語に応じてGoogle検索にトップにカルーセルで表示されるというところまで行きました。
その後しばらくAMPページへのアクセスを追ってみると、なんとある時を境にアクセスが徐々に落ちてきました。

f:id:breaktimes:20161104111306p:plain
たまたまかと思いましたが、数日追ってみても落ちたままのPVで落ち着いています。
そこで詳細に調べてみました。

Search Consoleでチェック

まずはGoogle Search Consoleを見ます。Webサイトを運営していれば登録しているはずですね。
左メニュー、「検索での見え方」から「Accelerated Mobile Pages」を選択します。
f:id:breaktimes:20161104111312p:plain

AMPページに出ているエラー数、具体的なエラー内容などを見ることができます。

早速グラフをチェック。青が正常にインデックスされた数、赤がエラー数です。
f:id:breaktimes:20161104111309p:plain
ある日からエラーが急上昇、正常にインデックスされた数も減っています。

具体的な原因はページ下部に表示されています。
f:id:breaktimes:20161104111315p:plain
見てみると「ページにユーザー作成のJavaScriptがある」が桁違いに多くなっています。

エラーを確認して修正

ただAMPページを作成する際に禁止されているオリジナルのJSは使っていません。
なぜだろうと思い、詳細を見てみます。クリックして具体的にどのページにエラーが出ているのか確認。
f:id:breaktimes:20161104111318p:plain

そのページを表示してソースを見ていると…

なんと、謎のscriptがhead内に挿入されています。

これはNew Relicというサーバー監視ツールが自動挿入するタグのようです。
エラーが増え始めているまさにその日、サーバーの状況を監視するためにNew Relicのエージェントをインストールしたのでした。
ページのテンプレートが画面表示するときにNew Relicがスクリプトを自動で付け加えてしまうので、エラーになっていたんですね。

こちらをampページだけ除外するように設定してしばらく追ってみると…

エラーが減ってインデックス登録数が増えてきました。
f:id:breaktimes:20161104111321p:plain

同時にアクセスも徐々に上がっていますね。
f:id:breaktimes:20161104111324p:plain

サーバー監視ツールなど導入されている場合はお気をつけください。



PR TIMESでは共にサービスを成長させていきたいエンジニア・デザイナーの方を募集しています。
是非、以下からご応募ください!